勃起がなかなかしにくい、中折れしやすい、それが原因で内気になってるんじゃぁ勿体無い。レビトラがあればそんな悩みはたちまち消える!!ここでしっかり知識をつけて前向きな自分になろう!

レビトラの薬の名前の由来・体力精力をつけるアルギニン

レビトラが発売された当初、ポスターやテレビCMなどでED(勃起障害)治療の啓蒙広告が盛んでした。なので、そのCMが耳に残っているという人も多いかもしれません。
レビトラの薬の名前の由来は「le(フランス語の男性定冠詞)」と「vital(ラテン語の生命の意)」が組み合わさって英文の「LEVITRA」、つまり「男性の生命」という意味から来ています。
その薬の名前に似つかわしく、箱や説明書には炎のマークがプリントされています。レビトラは飲んですぐに効く即効性の高い薬なので、マッチの炎のように「飲めばすぐに着火する」というイメージから来ています。
薬の名前の通り、レビトラは器質性、心因性のどちらのEDに対しても高い効果を発揮してくれます。バイアグラが発売された当初、ED治療薬は夢の薬とも呼ばれました。レビトラは第二のED治療薬として登場しましたが、まさに男性の生命力を高めてくれるような効果があります。
男性にとって、体力精力を高めることはED治療に必須です。そのために有効なのが、「アルギニン」というタンパク質です。アルギニンは成長ホルモンの働きを高めて、体力精力を向上させて、精子の数を増やす働きもあります。
さらに、勃起を起こさせるcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)という物質を増やしてくれる働きがあるので、EDの回復に有効です。
レビトラなどのED治療薬はあくまでも血行を良くさせて勃起をサポートする薬であって、体力精力までは専門外です。体力精力をつけたいという人は、さらに精力剤を飲んでみると良いかもしれません。精力剤のメイン成分は先ほど説明したアルギニンです。アルギニンにも治療薬のように血流を改善させる働きがあります。