勃起がなかなかしにくい、中折れしやすい、それが原因で内気になってるんじゃぁ勿体無い。レビトラがあればそんな悩みはたちまち消える!!ここでしっかり知識をつけて前向きな自分になろう!

レビトラは薬局で受け取れる・使用量の具体的な話

他人になかなか相談しにくいEDですが、放置しておいても原因が解消されなければ症状がなくなることがなく、一時的に治っても再発する心配がないとはいえませんので、専門の医療機関で治療を開始するようにしたいものです。
EDなどの男性特有の症状を取り扱う専門の医療機関であれば、プライバシーに配慮された院内の設備や、対応をしてくれますので、通院がしやすいというメリットがあります。
医療機関で処方されるレビトラなどの薬の受け取り方ですが、医師から直接もらう方法、院内にある窓口や薬局で受け取る方法、院外にある薬局に赴いて受け取る方法があります。
薬局で受け取れるといっても、ドラッグストアなどで直接、風邪薬や目薬のように、ED治療薬を購入できる訳ではない点に注意しましょう。あくまでも医療機関を通じて、受け取る方法になります。
レビトラの使用量は医師の判断によって決められます。錠剤タイプのレビトラには、5mg、10mg、20mgの3つの量が存在し、使用量が多いものほど、持続時間が長くなるという特徴があります。
また、実際に服用する時の使用量についてですが、錠剤の成分量に関係なく、必ず1日に1錠だけ服用するのが正しい使い方です。服用後は24時間以上の間隔をあけることも大切です。
飲むタイミングは、性行為の1時間前です。別のED治療薬であるバイアグラほどの食事による影響はありませんが、ある程度の制限が存在します。食事に含まれる脂肪分の割合が30%以内と定められていますので、脂肪分が多い食事は控えるようにし、食事自体の量も少なめにするのがコツです。ちなみに、空腹時にレビトラを服用すれば、20分という短時間で効果があらわれてきます。